写真撮影技術向上クラブ

写真撮影をするときに役に立つ技術やコツを紹介していくサイトです。

入園の写真撮影のコツに関して

f:id:higarhi44:20160624122554j:plain

入園の写真撮影を行う際のコツとはどういったものか

子供の入園式の日に綺麗な写真を撮影したい時はまず場所を決めておき、そこで撮るのが基本となりますから注意しましょう。

撮影場所として代表的なのは看板でこちらの前の子供を立たせた後で、写真を撮るのが基本となっています。

看板が置かれている場所は外に置かれていることが多いですから、天候によっては撮影できない可能性があるので、この点を理解した上で準備を整えて下さい。

子供の姿勢ですが両手は足の横に下げることで柔らかく自然に近い立ち姿を撮影出来ますし、緊張感を与えない内容の写真を撮れるのでこの点を意識するのが良いです。

親子で撮影する時には

親子一緒に撮影するつもりでいる際には主役である自分の子供を主体とした構図にしなくてはいけませんので、こちらの方を頭の中に入れておくのが基本です。

ややアングルを下げて子供の上半身が入る感じで撮影することでフレームを占める割合が大きくなる為、親子といった感じの内容の写真に出来ます。

この時手を繋ぐといった姿勢を取っている時はそちらの方も映し出すことでよりレベルの高い写真にしていけます。

式典時の撮影に関して

式典の時に撮影したい時は基本的にフラッシュなどは使用出来ませんから、カメラの手ブレ補正機能を用いて、綺麗な写真を撮ることを心掛けるのが大切となるのです。

その際には露出感度を上げることでブレのない状態で撮影が出来ますから、こちらの方法を用いるのは珍しくなくなりました。

入園の写真撮影を記念にプロへお願いするならfleur写真館がおすすめです